渋谷IT会社社長が薦める人生を変える28冊の本

calendar

reload

渋谷IT会社社長が薦める人生を変える28冊の本

元同僚の知り合いで、渋谷でIT企業を経営している社長がいる。

時折時間を貰って、経営者視点での強い叱咤激励をいただくことがある。

この間、働く上で役に立つ本を幾つか教えて欲しいと頼んだところ、その日のうちに読むべき本のリストが届いた。仕事だけでなく何から何まで早いのである。

経営者だからか、企業家を題材とした本が多く、幾つかは既読の本もあった。彼は週2冊は本を読む読書家だ。今回のリストはその中から私のためにわかりやすいものを選んでくれたのだろう。

そして何よりも彼らしいのは、メールにて送ってきた28冊の本のリストのファイル名である。

「人生が変わる本一覧.xls」

彼は全ての人が二本の足で立ち、自ら能動的に生きることができる社会を夢見ているロマンチストでもある。会社勤めのサラリーマンである私に対して叱咤しているのだ。

渋谷の社長さん
今幸せでないならば、人生を変えろ!!

さぁ、そんな「人生が変わる本」28冊を紹介しよう。

スポンサーリンク

渋谷のIT会社社長が薦める「人生が変わる本」リスト

志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)

THE SECRET [DVD]

7つの習慣

思考は現実化する

リブセンス<生きる意味>

渋谷ではたらく社長の告白

あんぽん 孫正義伝

金持ち父さん貧乏父さん

失礼ながら、その売り方ではモノは売れません

マネジメント-基本と原則

人を動かす

コミック ユダヤ人大富豪の教え(1)、(2)

スティーブ・ジョブズ Ⅰ 、Ⅱ

私はこうして受付からCEOになった

リクルートのDNA―起業家精神とは何か

アメーバ経営 (日経ビジネス人文庫)

リクルートという奇跡 (文春文庫)

柳井正 わがドラッカー流経営論

一勝九敗 (新潮文庫)

面白いほど成功するツキの大原則

ホームレスからのリベンジ―あるIT社長の独白

図解 相対性理論と量子論―物理の2大理論が1冊でわかる本

起業家

裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記

Dreams―夢は大空へ、努力は足元へ 近藤太香巳物語

ザ・プロフィット 利益はどのようにして生まれるのか

アイデアのつくり方

もう崖っぷちと思ったら読む本

人生を変えるとは

「人生を変える本」に早くに出会えた人は幸運と思う。

それよりも一番幸運なのは、本の教えに従い自らの人生を自らでコントロールする事ができている人だ。

日本においては社会制度が高度化しているため、一部の避けられない不運な貧困に喘ぐ方々を除き、それなりの努力と惰性で、中流階級という幸せを享受できるシステムが構築されている。このシステム系の多くの構成員はサラリーをいただいて生活する従業員だ。

これは長きに渡る歴史の中でも、かなり恵まれた社会であると私は評価している。ただ幸福を感じられるかどうかは別の話である。

生存権が保証されるレベルの資産の保持はもはや幸福の構成要素ではなくなっている。

では資産の多寡により幸せになるのかという疑問に対して、世間一般的な噂やらをふまえて考えると、無いよりあったほうがマシ程度の影響力なのだ。

人は一度所有した資産に対しては損失することに対するストレスを多く感じる生き物である。ある程度の資産を持つと逆に失うことに対する些細なリスクも踏めなくなってくるのだ。

自らがささやかながら築き上げてきたポジションやサラリーに囚われて、本当に自分がしたかったことに対して挑戦することができなくなってくる。

人生を幸せに生きるコツは何だろうと、よく思い馳せる事がある。

人によって答えは違うだろうが、私の答えは、人に左右されずに自らの夢をもつ事ができ、そして自らの夢に向かい一歩一歩を踏み出す勇気をもてる事なのだろうと思う。

IBMで管理職まで勤めた友人は会社を辞めて、今は大阪で大好きな酒を作る仕事についている。

彼のサラリーはおそらく6分の1程度に下がっているだろう。

でも、幸せなのである。

渋谷の社長からいただいた人生を変える本は、企業をして資産家になれという意図では無い。

渋谷の社長は飲む度にいう。

渋谷の社長さん
お金に不満をもつ人間はいつまでたっても、どんなにお金を稼いでも幸せを感じることはできない。

渋谷の社長さん
今が満ち足りていて、その延長も満足できると信じ、自らの夢に突き進み、社会に貢献する事が、幸せに繋がるんじゃ無いか

彼はいう。

渋谷の社長さん
サラリーをもらう従業員も、今、幸せと感じるならば何も問題ない。

渋谷の社長さん
ただ飲み会で会社や上司の愚痴をいうならば、自分の思うようにできる生き方を選択すべきだ

そんな彼が、自分の生きる道を探し当てるまでに読み漁った本と考えると、少しは興味を持っていただけるだろうか?

この記事をシェアする