現金決済比率が高いニッポン。キャッシュレスを本気で考えはじめたらしい。

calendar

reload

現金決済比率が高いニッポン。キャッシュレスを本気で考えはじめたらしい。

日本ではまだまだ主流の現金決済。

海外、特に中国では現金決済から電子決済に移りつつある。QRバーコードを使ったローテクノロジーな電子決済手段が広がり、街中の露天商も利用しているぐらいだ。

そう、堀江さんも相当昔から現金決済の問題を指摘している。

現金管理には多くの人件費が費やされ、かつ多くのリスクを抱えた運用になっている。

商売の規模が小さかったり、少額決済だからと現金決済にこだわる時代はもう古い。

経産省も重い腰を上げキャッシュレスに乗り出している。

NRIの国内外のキャッシュレスの取り組みレポートも興味深い

三井住友GもMUFGもブロックチェーンも利用可能な技術であるか検証を重ねている。

まぁ、それより中国のように簡易的なQR決済で、スマホ決済代行でという流れが加速するのが先だろう。

お隣韓国でも仮想通貨によるキャッシュレスを志向するようだ。

日本はキャッシュレス後進国だけど、それだけビジネスチャンスが残されていると言える。

代行決済ゲートウェイ大手のトランザクションメディアネットワークスでは、ハウスプリペイド決済サービスを開始した。

いきなりステーキの肉マネーなどが簡単にできるサービスだ。

このようなサービスがブロックチェーン技術を使い、仮想通貨に紐付くトークンとして提供されると、ポイントがように流通しうる世界が生まれる。

中央集権的でない、ツタヤカードが要らないトークンエコノミーだ。

現金や紙のポイントカードが、容易に安価に、ほぼ無償で電子化する時代が迫っている。

楽しみだね。