コインチェック600億円分ネム流出に対する補償発表 (1/28)ほぼ全額

calendar

コインチェックのネム盗難ほ補填が発表されていました。

まとめると

  • 流出総額 : 5億2300万XEM
  • 保有者数 : 約26万人
  • 補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金
  • 算出方法 : Zaifの出来高の加重平均を使って価格を算出
  • 算出期間 : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)
    〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
  • 補償金額 : 88.549円×保有数
  • 補償時期 : 現在検討中
  • 返金原資 :CoinCheckの自己資金より実施

流出発表からの加重平均という点で、流失時の評価額より200億も少ない点、納得いかないものがありますが、一旦落ち着きを見せるのかもしれません。

ネムの名が世界に知れわたり、みなりんさんなどのホワイトハッカーや、ネム財団の有能さが広まって、もしかすると将来、メジャー通貨になり、値上がりに繋がる事件だったのかもしれません。

ネムの容易なマルチシグによるセキュリティ担保や、今回の盗難先ワレットを監視するモザイクの活用など、ネムがマネロンはし難い実用に優れた通貨ということが知れ渡るといいですね。

と言う事で、皆さん暗号通貨はちゃんと財布にしまいましょう。

GOXとCoinCheckの教訓を活かさないといけないのは日本人暗号通貨ファンだと思いますので。

techcrunch.comも記事にしましたので、広く皆に伝わる事でしょう。

コインチェックユーザの皆さまに発表の通り、速やかに返金が進む事をお祈り申し上げます。