一酵や@西横浜

calendar

横浜はラーメン好きにとって墓場だと思っている頃がありました。

家系が席巻した結果、どれも吉村家の劣化コピーのようにしか思えず、突出した個性の店もなく、ラーメン食べる為にわざわざ出向くこともないエリア。そんな位置づけだったのですが…

横浜に移り住むことになり、近場のラーメン屋を真面目に攻略し始めると良い店がそこそこでてくるではないですか。

その中でも一酵やさんは他エリアの有力店と肩を並べる事のできる珠玉の店。まさにラーメンを食す為に出かけたとしても後悔のないレベルの店です。西横浜なんて行きにくい場所に素晴らしいラーメン屋さんがある。これこそ日本のラーメン文化の層の厚さです。まだまだ出会うことができていない素敵なラーメン屋が数多あると思うと嬉しくなってくるね。

一酵やさんはどんなラーメンを食べさせてくれるの?というと、非常に説明が難しいです。塩、醤油、味噌、ラーメン、つけ麺、メニューの幅が広いんです。しかもビール頼むとツマミの一品がつくぐらい。おそらく店主の渋い白ひげのおじ様はラーメンだけでなく色々と美味しいものが作る事ができる料理人なのかと思っています。メニューには写真と解説付きで、頼りに注文するという感じ。セロリラーメンとか変わり種もあり注文に迷います。隣の常連の老夫婦は、つけ麺を頼んでいました。

うん、つけ麺美味しいんです。主張しすぎない酸味あるツケダレと、スパゲティぐらいの、つけ麺としてはやや細めのストレートな中太麺がマッチして一体感があります。本当に麺とスープのバランスが良く、麺を食べているという満足が味わえます。麺は自家製で国産小麦に海外産をあえてブレンドしてたどり着いた自信の逸品のよう。スープに使う塩も色々試した結果、安価な海外産に落ち着いたようで、材料のこだわりは高価な食材をかき集めるのでなく、作り上げる味を実現できるかだけで選んでいるようです。素人が真似すると散々な目にあうんだろうけど、職人だからこそできる拘り方なんだなと感心。

 今日は定番メニューではなく、黒板メニューにある味噌ラーメンを注文。黒板メニューとかイタリアンみたいだね。ラーメン屋では珍しいなと思う。

野菜を炒めた深いフライパンに味噌をこしたスープをあわせ一食一食丁寧に作ってくれます。ラーメン屋って作成過程がどうも感情の入らない工程になっている店が多いと思います。忙しいからだとは思うんですが、ラーメンも料理なんだよね。料理人の技が見られると嬉しくなってくる。そして丁寧に美人の奥様がお膳にのせて配膳してくれます。この時点で殺伐としたラーメン屋ではなく小料理屋の暖かさがあります。いいわ〜

味はというと、つけ麺と同じく酸味を効かせ、辛味も加えた爽やかな味噌ラーメンに仕上がっていました。麺もつけ麺タイプかな、ちゃんぽんの麺のやや細いという感じ。麺のうまさが味噌スープに負けていない。具材はキクラゲと豚しゃぶ。あくまでも主役は麺とスープという前に出過ぎない調和した味わい。何もかもが1つの料理として調和している。麺とスープと肉料理を椀にぶちこんでラーメンと言い張る店の多い中、一体感あるラーメンを様々な味で提供してくれる稀有な店です。

開店直後に訪れると仕込が続いていているので、仕事ぶりを見るのも面白いです。この間はパイナップルを一口大に切り分けていらっしゃいましたが、一口つまんで、まだ早かったなと呟いていました。常連の老夫婦にも味見していただいて、そんなことない甘いよと…、なんかほんわかするシーンでした。居心地良すぎ。